内臓脂肪の効果的な落とし方 食事でのオメガ3の摂取がカギとなる

内臓脂肪が増えると、生活習慣病の原因になり兼ねません。

食事オメガ3を摂取することは、内臓脂肪の効果的な落とし方につながります。

内臓脂肪とオメガ3について、効果的な理由や摂取方法、食事の時の注意点について、ご紹介します。

オメガ3の摂取が効果的?内臓脂肪の落とし方

オメガ3とは、油脂や脂質などを構成する脂肪酸の成分で、体内では生成することのできないものです。

脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸とに分類され、前者は動物性脂肪、後者は植物油や魚油に含まれています。

そして、植物油や魚油に含まれる不飽和脂肪酸は、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸とに分類され、オメガ3が属するのは多価不飽和脂肪酸です。

内臓脂肪とは、皮下脂肪と違って、内臓の周囲についた脂肪のことです。

欧米人並みに脂肪の多い食事をするようになった私たち現代人は内臓脂肪が溜まりやすく、最悪の場合は死に至りかねない生活習慣病にかかりやすくなっています。

そんな危険な内臓脂肪の落とし方の一つとして注目を浴びているのが、オメガ3の摂取につながる食事ですが、その理由はオメガ3が他の脂肪酸とは異なる性質を持っているからです。

脂肪というと、生活習慣病の原因にもなる内臓脂肪のように、一般的に良くないイメージがあるはずです。

食事で摂り過ぎれば動脈硬化が促進され、さまざまな病気を引き起こしてしまいます。

しかし、オメガ3の摂取は、脂肪であるにも関わらず血管をきれいにして動脈硬化を予防することができるので、内臓脂肪の効果的な落とし方につながります。

 

内臓脂肪の落とし方 オメガ3の摂取が効果的な理由

オメガ3の摂取により血管をきれいにできるのは、他の脂肪と違ってギザギザと折れ曲がった分子構造をしているからです。

他の脂肪を食事で摂れば、血管内に入ると壁にべったりと張り付いてしまいます。

すると、血管は目詰まりを起こし、酸素や栄養分は壁を通り抜けることができなくなって動脈硬化につながります。

しかし、オメガ3は構造がギザギザしているため壁に、べったりと密着することがありません。

しかも、壁との間に隙間ができることから少しくらい張り付いてもはがれやすく、はがれる時に他の油も一緒にはがしてくれるのです。

その結果、壁の目詰まりは解消されて血液はサラサラと流れるようになるのです。

そして、流れが良くなった血液により、全身の代謝がアップします。

すると、脂肪がエネルギーに変換されやすくなるので、内臓脂肪の効果的な落とし方となるわけです。

一般的な内臓脂肪の落とし方は、有酸素運動を20分以上こなす方法が良く知られています。

しかし、運動前のオメガ3の摂取は、効率の良いダイエットを進めることにつながります。

日常生活で体を動かすだけでも、脂肪が効率よく燃えてより効果的な内臓脂肪の落とし方となるのです。

 

内臓脂肪の効果的な落とし方 オメガ3の摂取につながる食事とは

前述のように、オメガ3は体内では生成できないので、食事から摂取する必要があります。

オメガ3は、水中に生息する植物プランクトンにより生成され、オメガ3をエサとするマグロ、ブリ、サバ、アジ、イワシ、サンマなどの魚に多く含まれています。

オメガ3は熱に弱いことからお刺身で取るのが有効です。

熱を加える料理でも、脂を落としてしまう焼き魚よりも煮魚の方が良いでしょう。

魚の他には、くるみアーモンド大豆黒豆など、また、アマニ油エゴマ油シソ油などにもたっぷりと含まれています。

食事の欧米化によって、私たち日本人は以前のように魚類を食べる機会が少なくなってしまいましたが、今一度その素晴らしい効能を見直してみる必要がありそうです。

重篤な病気の原因を取り除くだけではなく、血液の流れが良くなれば、腰痛や肩こり、冷え性の改善に期待が持てます。

また、おやつにケーキやスナック菓子を食べる代わりに、ナッツ類をつまむのはとても良い習慣といえるでしょう。

 

オメガ3の摂取に効果的な食事方法と注意すべき点

しかし、もっと効果的なオメガ3の摂取法があります。

アマニ油、エゴマ油、シソ油などをジュースに混ぜたり、ドレッシングにしてサラダにかけたりといった方法です。

他にも、ヨーグルトに少量プラスしても良いのではないでしょうか。

調理に使う際には、非常に酸化しやすいので、開栓したら速やかに使い切るようにしましょう。

酸化してしまった場合は、オメガ3といえども動脈硬化の原因になってしまいます。

また、油であることからカロリーは決して低いとはいえません。

体に良いからといって摂り過ぎることは禁物です。

1日に摂取する目安は、小さじ1杯から大さじ1杯以下に抑えるようにします。

また、前述のように熱に弱いという性質を持つので、炒めものなどに使うのは避けましょう。

しかし、オメガ3を含む油の中には、インカインチオイルといって熱に強いタイプのものもあります。

生だとどうしてもニオイが気になるという人は、インカインチオイルを使ってみるのがおすすめです。

インカインチオイルはペルーアマゾン熱帯雨林原産のナッツから採れる油で、グリーンナッツオイル、サチャインチオイルなどの名称でよばれることもあります。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.