特定保健用食品、トクホのお茶で内臓脂肪を撃退

国が示した一定の基準をクリアしたものがトクホと呼ばれる特定保健用食品で、健康効果などが科学的に実証されています。

生活習慣病の原因となる内臓脂肪を減少させるには、サントリーの伊右衛門特茶や花王のヘルシア緑茶など、トクホのお茶を飲むことが効果的です。

トクホのお茶の効果について、詳しくご紹介します。

内臓脂肪を分解・減少させる特定保健用食品、トクホのお茶とは?

トクホとは特定保健用食品を略した名称で、国の審査にパスして消費者庁の許可を受けた食品のことです。

審査では、健康面など特定の目的で摂取した結果、何らかの有効性があることを科学的に示さなければなりません。

内臓脂肪は、食生活の欧米化などを背景に、私たち日本人はかつてないほどため込んでしまうようになり、深刻な生活習慣病の原因となっています。

そこで、内臓脂肪過多を解決するためにさまざまなメーカーから発売されているのが、特定保健用食品トクホのお茶なのです。

トクホのお茶を定期的に飲んでいれば、内臓脂肪が分解されて減少させることに期待が持てます。

 

内臓脂肪を撃退してくれる人気トクホのお茶 サントリー 伊右衛門特茶

現在、トクホのお茶は多くのメーカーからさまざまな種類が発売されています。

多くは、食事で摂った脂肪が吸収されるのを抑えて内臓脂肪をつきにくくするというタイプでしたが、サントリー 伊右衛門特茶は違います。

既に蓄積されてしまった内臓脂肪にも効果を発揮してくれる、画期的な特定保健用食品なのです。

キャッチコピー「史上初!脂肪の分解に着目したトクホ」に注目した方は多いのではないでしょうか。

2013年に発売されてから、わずか2週間で100万ケースを出荷し、いまだに売れ続けているという大人気トクホのお茶なのです。

しっかりとした効果が示されているのが特定保健用食品ですが、サントリー 伊右衛門特茶の効果はケルセチン配糖体と呼ばれるポリフェノールによるものです。

伊右衛門特茶500ml1本には、ケルセチン配糖体が110mg配合されています。

ケルセチン配糖体は、体内に入ると脂肪分解酵素を活性化させる働きがあるので、内臓脂肪を効果的に撃退してくれます。

その効果の高さは、医師が一定の基準を満たしていることを確認するAsk Doctors評価サービスで高評価を得ていることでもわかります。

医師1,000人が実際に飲んだ結果、「飲み続けたい」と回答した医師が89%、「体脂肪が気になる方に勧めたい」と回答した医師が85%いたとされています。

しかし、サントリー 伊右衛門特茶がこれほどまでに人気があるのは、トクホのお茶とは思えないほど美味しいということも大きな理由になっているようです。

効果が期待できる特定保健用食品といえども続けなければ意味がありませんが、美味しいから続けやすい、という口コミが非常に多いことが特徴です。

他の伊右衛門特茶と同様、使用しているのは京都の老舗茶舗「福寿園」が厳選した茶葉です。

香り豊かな茶葉は高温で抽出され、ほのかな甘さを含んだ実に香ばしいうま味を持つことが特徴です。

また、お茶というとカフェインが気になる人も多いことでしょう。

そんな世情を反映して発売されたのが、伊右衛門特茶カフェインゼロです。

カフェインフリーに加えて、大麦やハトムギ、玄米、柿の葉など、10種類もの健康素材が配合されています。

カフェインは、適量であればダイエット効果やリフレッシュ効果などに期待できますが、さまざまな食品から気づかずに過剰摂取してしまうことがあります。

すると、動悸や不眠症、神経過敏、下痢、頭痛といった不快な症状が出ることがあります。

内臓脂肪分解効果はそのままに、カフェイン0mgを実現されたのが伊右衛門特茶カフェインゼロなのです。

 

高濃度カテキンが内臓脂肪を撃退 花王 ヘルシア緑茶

花王 ヘルシア緑茶は、2010年に、メタボ対策として日本人間ドック健診協会の推薦を受けた特定保健用食品です。

健康志向の中で先陣を切って登場し、現在でもメタボといえばヘルシア緑茶といわれるほど広く認知されています。

内臓脂肪減少に効果があるといわれる理由は、高濃度カテキンにあります。

カテキンといえば緑茶に含まれている成分で、ポリフェノールの1種であると同時に、タンニンと呼ばれる緑茶の渋み成分の1つでもあります。

脂肪がエネルギーに変換されるのには、細胞内にあるミトコンドリアが脂肪を分解しなければなりません。

しかし、内臓脂肪は、脂肪が複雑に入り込んでいるので、ミトコンドリアの働きが悪くなっています。

そこで活躍するのが、カテキンです。

カテキンは、ミトコンドリアの働きを活性化する作用があるので、内臓脂肪の減少に効果的なのです。

このように、カテキンはもともと脂肪を消費すると注目されていた成分ですが、より高濃度に配合して高い効果を得られるようにしたのがヘルシア緑茶です。

溜め込まれてしまった内臓脂肪がエネルギーとして消費されやすくなるので、メタボの改善には非常に期待できるといって良いでしょう。

また、食事から摂った脂肪を燃焼させる効果は、従来の商品の1.4倍ともいわれています。

ヘルシア緑茶なら、1日に350mlのペットボトル1本飲めば、540mgもの高濃度カテキンを摂取できることになります。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.