内臓脂肪の落とし方として効果的な飲み物は?

内臓脂肪を落とすためには、運動や食べ物に工夫が必要です。

また、内臓脂肪に効果的な飲み物もあります。

ここでは、内臓脂肪に効く飲み物について、ご紹介します。

毎日の飲み物で効果的に内臓脂肪を落とす

効果的な内臓脂肪の落とし方の1つとして、飲み物が挙げられます。

毎日欠かさず飲み続けることが必要ですが、忘れさえしなければ内臓脂肪の落とし方の中では、それほど難しい方法ではありません。

内臓の周囲に溜まった脂肪は、そのままでは生活習慣病の原因になり兼ねません。

糖尿病や高血圧などの生活習慣病は、死に至るような重篤な病を引き起こすこともあるので、内臓脂肪は出来るだけ溜め込まないことが重要です。

内臓脂肪は非常に溜まりやすく、溜まればやっかいことになり兼ねないわけですが、その反面、落ちやすいという特徴もあります。

毎日忘れずに飲むことが効果的な内臓脂肪落とし方といえます。

 

コーヒー・低脂肪乳が内臓脂肪に効く理由

コーヒーには非常に多くの健康効果があることがわかっており、その一つが内臓脂肪を分解して燃焼させる効果です。

その秘密は、コーヒーに含まれるお馴染みの成分カフェインと、ポリフェノールの一種でクロロゲン酸と呼ばれる成分にあります。

クロロゲン酸とは、コーヒー特有の苦みや香りのもととなっている成分で、脂肪を分解して燃焼させる作用があります。

また、眠気を吹き飛ばす成分として有名なカフェインは交感神経の働きを活発にしたり血の巡りを良くしてくれるので、代謝をアップさせてくれます。

そして、カフェインに含まれているリパーゼという酵素に、内臓脂肪を分解する働きがあるのです。

つまり、コーヒーを飲むことは、カフェインとクロロゲン酸というダブル効果が期待できる内臓脂肪の落とし方だというわけです。

ただし、コーヒーは刺激が強いので、空腹時には飲まないようにしましょう。

胃が弱い人は、特に注意が必要です。

また、カフェインは摂り過ぎれば体に良くないので、1日2~3杯に抑えることも大切です。

より効果的に内臓脂肪を減少させるには、運動する30分程度前に飲むようにするのがおすすめです。

また、体を冷やすアイスコーヒーよりも、燃焼効果が高まるホットコーヒーの方が適しています。

しかし、クロロゲン酸は熱に弱いという特性があるため、80度程度の温度が最適です。

一般的な運動は、脂肪が燃焼するまで20分かかるといわれていますが、コーヒーを飲むことで燃焼までの時間を早めることが期待できます。

一方、低脂肪乳は一般的な牛乳よりも脂肪分が少ないことから、それだけで内臓脂肪が付くのを防ぐことができます。

しかし、付いている内臓脂肪を少なくする効果があることにも注目が集まっています。

低脂肪乳を食事の前に飲むと血液中のカルシウム濃度がアップするので、副甲状腺ホルモンの働きを抑えることができます。

副甲状腺ホルモンは脂肪が分解される働きを低下させるものなので、結果的に内臓脂肪が溜まりにくくなるわけです。

 

女性に人気の杜仲茶・ローズヒップティーも内臓脂肪に効果的

また、杜仲茶やローズヒップティーといった飲み物を摂ることも、効果的な内臓脂肪の落とし方です。

杜仲茶は、ダイエット茶として人気のある中国の飲み物です。

また、杜仲の樹皮は、朝鮮人参などとともに五大漢薬の一つに数えられるほど豊かな効能を持っています。

そんな杜仲茶が痩せるといわれる理由は、ゲニポシド酸と呼ばれる成分が含まれているからです。

ゲニポシド酸は、脂肪を分解させるとともに、コレステロールが体に吸収されるのを防ぐ効果があります。

杜仲茶を食事と一緒に毎日飲むことは、効果的な内臓脂肪落とし方なのです。

また、美容効果があることから女性に人気のローズヒップティーも内臓脂肪を落としてくれる飲み物です。

ローズヒップの種子には、ティリロサイドと呼ばれるポリフェノールが含まれていますが、このティリロサイドに内臓脂肪を燃焼させる働きがあるのです。

さらに、ティリロサイドは血糖値の上昇を抑制する効果もあるので、ローズヒップティーはダイエットには最適な飲み物といって良いでしょう。

 

お酢の中でも特に内臓脂肪燃焼効果がある「きび酢」

お酢には酢酸と呼ばれる成分が含まれており、この成分に内臓脂肪燃焼効果があります。

また、お酢の中でも特に内臓脂肪燃焼効果が高いのが「きび酢」です。

お酢といえば私たち日本人には米酢が一般的ですが、きび酢は、サトウキビを原料として造られたお酢です。

その特徴は、オクタコサノールと呼ばれる成分を含んでいることにあります。

オクタコサノールには内臓脂肪燃焼効果があるので、きび酢を飲めば酢酸とダブルの効果で内臓脂肪を減らすことができるでしょう。

料理に使うお酢をきび酢に変えるのもよいですし、水やお湯、ソーダなどで割って飲み物にしても良いのではないでしょうか。

また、きび酢にはカリウムヤカルシウム、鉄分、マグネシウムといったミネラルやポリフェノールなどもたっぷりと含まれています。

その結果、食べたものを速やかにエネルギーに変換できるので、代謝をアップさせて痩せやすい体が作れます。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.