内臓脂肪の落とし方に関わる食べ物(タンパク質)

タンパク質はダイエット中に避けられがちな食べ物ですが、実は脂肪の燃焼に関わる栄養素です。

タンパク質ダイエットという方法も確立されているほど、タンパク質と脂肪とは大きな関わりがあるのです。

タンパク質内臓脂肪を減らす仕組みについて、ご紹介します。

内臓脂肪を減らす食べ物(体を作るタンパク質)

食べ物(タンパク質)でダイエットができるということをご存知でしょうか。

タンパク質ダイエットというダイエット方法もあるほど、食べ物(タンパク質)はダイエットや内臓脂肪の落とし方に大きく関わってきます。

通常、内臓脂肪の落とし方や体重を落とすだけのダイエットでは、肉や魚を避け、野菜を増やすという食事制限が行われることが多いです。

食べ物(タンパク質)が不足することで、筋肉の量が減るので比較的早くに体重は落ちていきます。

そういった意味では、体重だけを落としたいのなら効果的なダイエットといえるでしょう。

しかし、筋肉を失うということは、体が生きていくために必要なものを失ったと認識してしまうので、足りない筋肉を脂肪で補おうとして内臓脂肪や皮下脂肪などを貯め込もうとしてしまいます。

実は、短期間で体重が落ちたと思っていても、食べ物(タンパク質)が偏ることで太りやすい体を作っているということもあるのです。

タンパク質ダイエットでは、食べ物(タンパク質)の量を増やして筋肉を増やし、脂肪代謝を上げていこうというダイエットなのです。

食べ物(タンパク質)には動物性のものと植物性のものがあります。

このうち、動物性タンパク質は、卵や肉、魚、乳製品に多く含まれています。

スポーツ選手が筋肉を増やす時に意識して食べているのは動物性タンパク質の方で、必須アミノ酸の量が植物性に比べて豊富なので筋肉を作りやすいといったメリットがあるからです。

牛乳にはたくさんの動物性タンパク質が含まれていますが、摂取カロリーを抑えたい内臓脂肪の落とし方に気を使っている人やスポーツ選手には低脂肪や無脂肪の牛乳がオススメです。

牛乳にはタンパク質を吸収するために、大切なミネラルという栄養素もたくさん含まれているので、効率よくタンパク質を吸収することができて、内臓脂肪の落とし方の鍵になると言っても良いほど、筋肉を効率的に作るのに役に立ちます。

植物性タンパク質を摂るなら納豆がオススメです。

発酵食品ですので、たくさんの酵素を含んでいて、カルシウムなどのミネラルも豊富ですから、内臓脂肪を効率的に落としていく働きが強い食べ物です。

毎朝の食事に納豆を取り入れただけで内臓脂肪の落とし方に成功したという人もいるほど、日本人には相性の良い食べ物(タンパク質)になります。

 

内臓脂肪を減らす青魚(EPA(エイコサペンタエン酸))

内臓脂肪は、中性脂肪が内臓の周囲に蓄積された状態です。

この中性脂肪が内臓脂肪の憎い原因となるのですが、中性脂肪を作り出しているのが乳製品や動物性脂肪に含まれる飽和脂肪酸と呼ばれる脂肪酸です。

飽和脂肪酸の摂取量が多いほど中性脂肪が溜まりやすい状態になりますが、青魚に含まれるEPAには飽和脂肪酸を不飽和脂肪酸によって抑制する働きがあります。

そのため、体内に溜まった中性脂肪は生きていくために効率よく燃焼されるようになり、内臓脂肪の減少を加速させることになります。

血液をサラサラにする効果も高く、血流を良くする成分としても知られていて、血行を促し脂肪を燃焼しやすい体作りにも効果があると言われています。

 

内臓脂肪に良好な食べ物!豚肉(L-カルニチン,ビタミンB群、アラキドン酸)

豚肉に含まれるL-カルニチンビタミンB群アラキドン酸という成分には、中性脂肪を燃焼させて悪玉コレステロールの増加を抑制する働きがあります。

アラキドン酸には脳に満足感をもたらす効果もあり、「肉を食べると満足する」という気持ちを満たすこともできます。

動物性の油脂は飽和脂肪酸と呼ばれ、中性脂肪の原因になると言われていますが、脂身の少ないロースの部分ならば脂肪の摂取を抑えて豚肉の持つ脂肪燃焼効果を取り入れることができます。

油を落とすために、網焼きにしたり湯にくぐらせたりする調理法でさらに脂肪が落ちてダイエットには効果的です。

内臓脂肪の落とし方を気にする方に、おすすめの方法です。

 

内臓脂肪の落とし方は豆腐(大豆たんぱく質)で筋肉を作る

豆腐は、大豆のタンパク質をそのまま摂取できる健康的な食品です。

立派なおかずの一品にもなるので、ダイエット中の食卓にボリュームを出すこともできます。

タンパク質は、3大栄養素のひとつで、筋肉のもとを作っている栄養素です。

スポーツ選手がタンパク質を積極的に取り入れて、筋肉を増やしていることを知っている人も多いことでしょう。

筋肉が増えるということは、体重もそれだけ増えていきますので、ダイエットとは相反するもののようです。

しかし、実は筋肉が増えることで脂肪の代謝をあげていけるので、ダイエットには最適な栄養素でもあるのです。

タンパク質は主にアミノ酸で構成されていて、動物性のタンパク質と植物性のタンパク質とに分類されます。

豆腐は植物由来なので、配合されるタンパク質はすべて植物性タンパク質です。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.